FAQ

ホーム > FAQ

ここから本文です。

よくあるお問い合わせ

これまでお問い合わせ頂いたもの中から、特に回数の多かったものを「FAQ」として纏めさせて頂きました。掲載されている内容についてより詳しく確認されたい場合や、それ以外のことについて確認されたい場合は、こちらのお問い合わせフォームより、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。なお、こちらのFAQは今後も随時更新してまいります。

 

ご購入や配送について

Q:どこに行けば購入できますか?

A:
インターネットショッピングサイト「Amazon(アマゾン)」にてご購入頂くことができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

商品について

Q:ランニング以外でも使用できますか?

A:
はい、使用できます。ランニング向けの商品ラインナップではありますが、様々な用途でお試しください。
エルゴスターのクロステーピングソックスは足が本来持っている機能をサポートするソックスです。「走る」という動作は様々なスポーツに共通する基本ですので、クロステーピングソックスのサポート機能が有効です。実際に、ランニング以外の用途(サッカー、自転車、ウォーキング、フィッシングなど)でご使用頂いているユーザー様も既にいらっしゃいます。

Q:サイズで迷っています。自分に合ったサイズはどれですか?

A:
エルゴスターソックスの展開サイズは、次の3つとなっております。
・S(22.5~24.0cm)
・M(24.5~26.0cm)
・L(26.5~28.0cm)
ソックスの適正サイズを選ぶ場合、ご自身の「素足のサイズ(足長)」を参考になさってください。「シューズのサイズ」が素足サイズと同じであるとは限りません。シューズのサイズは爪先に少し余裕を持たせるため、素足サイズよりも大きめを選ばれている場合があります。ソックスはシューズのように爪先に余裕を持たせることを考える必要はありません。エルゴスターソックスは適正なサイズを着用し、足にフィットさせることでサポート機能を最大限に発揮することができます。シューズを少し大きめに選ばれていた場合、それと同じサイズのソックスを選ぶと大き過ぎることがありますのでご注意ください。

Q:ソックスの厚みはどれぐらいですか?

A:
ソックスの厚みに大きく影響する要素として、「パイルソックス」であるか「ノンパイルソックス」であるかの違いがあります。
「パイル」とは、ソックスの裏面(肌面)に小さな糸のループ(輪)をたくさん作り、タオルのように編んだ生地です。パイルソックスは生地に厚みがあり、フカフカとした感触になります。糸をたくさん編み込んで厚みを持たせるため保温性やクッション性が良くなりますが、糸の種類によっては汗などの水分を含むと重くなっていきます。対して「ノンパイル」は、その名の通りパイルがありません。肌面もフラットで、厚みを出さない編み生地です。パイルソックスほどの保温性やクッション性はありませんが、汗抜けが良く、蒸れを抑えて軽さを保つことができます。
エルゴスターソックスは「ノンパイル」です。余分な厚みを抑え、ランニングソックスとしての素足感覚、速乾性や軽量性を重視しております。ノンパイルソックスと言ってもブランドやモデルによって様々な厚みの製品がありますが、エルゴスターソックスはノンパイルの中でも比較的厚めでしっかりとした生地です。例えばタイツやドレスソックスのような極薄手ではございません。

【参考比較(裏面)】左:パイルソックス(他社製品) 右:ノンパイルソックス(エルゴスター)

Q:テーピングの強さはどれぐらいですか?

A:
現在市販されている多くのランニングソックスの中でも、着圧感・サポート感は強い部類に入ると考えております。
弊社では、これまで多くのスポーツブランドOEM製品を企画開発してまいりましたが、その中でも比較的強い部類です。クロステーピングソックスは、部分的に糸や編み方を変えることによって伸縮率をコントロールし、着地や踏み込みの衝撃に負けない強さのテーピングを編み込んでいます。テーピング部分は他の部分に比べて生地が伸びにくくなっています。ソックスというよりも「サポーター」や「テーピングそのもの」を履くといった感覚に近く、着用の際にはグッと力を入れて頂くことが必要になります。一般的なソックスと比べて履くのがちょっと大変ですが、サポート性が高いことの裏返しとしてご理解頂ければと思います。
(↓)こちらもご参照ください。
ERGOSTARソックスの”正しい履き方”
「クロステーピング機能」とは?

Q:テーピングの強さはどのモデルも同じですか?

A:
いいえ、モデルによって異なります。ーピングの強さは大きく2つに分かれます。「商品ラインナップ」ページの分類で、素材に「ナイロン」と表示されているモデルはテーピングが最も強いタイプ、「紙糸」「ウール」「綿アクリル」と表示されているモデルはテーピングが適度な強さのタイプとなっております。
ナイロン製のモデルは繊維自体に伸縮性がある加工糸を使っているため、全体的に強めの着圧感・サポート感となっております。対して「紙糸・ウール・綿アクリル」は繊維自体に伸縮性がありませんので、ゴム糸を同時に編み込むことで伸縮性を出しております。ナイロンに比べるとライトな着圧感・サポート感となっておりますので、アフタースポーツの時間帯やオフの日にも着用しやすく、状況に合わせた履き分けが可能です。

Q:「紙糸ソックス」は破れやすくないのですか?

A:
エルゴスターの紙糸ソックスは摩耗に強く、とても破れにくいです。紙糸は、紙を細長いスリットテープ状にカットして撚りをかけて糸にしたものです。それ単体では特に摩耗に強いというわけではありませんが、エルゴスターは独自に紙糸を加工し、他の繊維と組み合わせることによって強度をアップさせています。
(↓)こちらもご参照ください。
「紙の糸」で良い走りを

Copyright © KITAI All Rights Reserved.

このページの先頭へ