FAQ

ホーム > FAQ

ここから本文です。

よくあるお問い合わせ

これまでお問い合わせ頂いたもの中から、特に回数の多かったものを「FAQ」として纏めさせて頂きました。掲載されている内容についてより詳しく確認されたい場合や、それ以外のことについて確認されたい場合は、こちらのお問い合わせフォームより、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。なお、こちらのFAQは今後も随時更新してまいります。

 

ご購入や配送について

Q:どこに行けば購入できますか?

A:
インターネットショッピングサイト「Amazon(アマゾン)」にてご購入頂くことができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q:配送業者を指定できますか?

A:
いいえ、ご指定頂けません。配送業者は「ヤマト運輸」となります。

Q:「置き配」を指定できますか?

A:
いいえ、「置き配」には対応しておりません。「置き配」とは、配達したお荷物の受け渡し方法のひとつで、荷受人が予め指定した場所(玄関や宅配ボックスなど)に配送業者が配達物を置いて行くことで配達完了とする方法です。荷受人は対面で受け取らないことが前提であるため、配達時の在・不在に関わらず荷物は配送業者によって置いて行かれます。「置き配」は、Amazonで購入可能できる商品のうち「Amaoznが発送する商品」のみが対象となっております。エルゴスターの商品は、出品者である弊社の倉庫から直接お客様に発送させて頂きますので「Amazonが発送する商品」ではなく、置き配は対応しておりません。

商品(ソックス)について

Q:ランニング以外でも使用できますか?

A:
はい、使用できます。ランニング向けの商品ラインナップではありますが、様々な用途でお試しください。
エルゴスターのクロステーピングソックスは足が本来持っている機能をサポートするソックスです。「走る」という動作は様々なスポーツに共通する基本ですので、クロステーピングソックスのサポート機能が有効です。実際に、ランニング以外の用途(サッカー、自転車、ウォーキング、フィッシングなど)でご使用頂いているユーザー様も既にいらっしゃいます。

Q:サイズで迷っています。自分に合ったサイズはどれですか?

A:
エルゴスターソックスの展開サイズは、次の3つとなっております。
・S(22.5~24.0cm)
・M(24.5~26.0cm)
・L(26.5~28.0cm)
ソックスの適正サイズを選ぶ場合、ご自身の「素足のサイズ(足長)」を参考になさってください。「シューズのサイズ」が素足サイズと同じであるとは限りません。シューズのサイズは爪先に少し余裕を持たせるため、素足サイズよりも大きめを選ばれている場合があります。ソックスはシューズのように爪先に余裕を持たせることを考える必要はありません。エルゴスターソックスは適正なサイズを着用し、足にフィットさせることでサポート機能を最大限に発揮することができます。シューズを少し大きめに選ばれていた場合、それと同じサイズのソックスを選ぶと大き過ぎることがありますのでご注意ください。

Q:ソックスの厚みはどれぐらいですか?

A:
ソックスの厚みに大きく影響する要素として、「パイルソックス」であるか「ノンパイルソックス」であるかの違いがあります。
「パイル」とは、ソックスの裏面(肌面)に小さな糸のループ(輪)をたくさん作り、タオルのように編んだ生地です。パイルソックスは生地に厚みがあり、フカフカとした感触になります。糸をたくさん編み込んで厚みを持たせるため保温性やクッション性が良くなりますが、糸の種類によっては汗などの水分を含むと重くなっていきます。対して「ノンパイル」は、その名の通りパイルがありません。肌面もフラットで、厚みを出さない編み生地です。パイルソックスほどの保温性やクッション性はありませんが、汗抜けが良く、蒸れを抑えて軽さを保つことができます。
エルゴスターソックスは「ノンパイル」です。余分な厚みを抑え、ランニングソックスとしての素足感覚、速乾性や軽量性を重視しております。ノンパイルソックスと言ってもブランドやモデルによって様々な厚みの製品がありますが、エルゴスターソックスはノンパイルの中では比較的厚めでしっかりとした生地です。例えばタイツやドレスソックスのような極薄手ではございません。

【参考比較(裏面)】左:パイルソックス(他社製品) 右:ノンパイルソックス(エルゴスター)

Q:テーピングの強さはどれぐらいですか?

A:
現在市販されている多くのランニングソックスの中でも、着圧感・サポート感は強い部類に入ると考えております。
弊社では、これまで多くのスポーツブランドOEM製品を企画開発してまいりましたが、その中でも比較的強い部類です。クロステーピングソックスは、部分的に糸や編み方を変えることによって伸縮率をコントロールし、着地や踏み込みの衝撃に負けない強さのテーピングを編み込んでいます。テーピング部分は他の部分に比べて生地が伸びにくくなっています。ソックスというよりも「サポーター」や「テーピングそのもの」を履くといった感覚に近く、着用の際にはグッと力を入れて頂くことが必要になります。一般的なソックスと比べて履くのがちょっと大変ですが、サポート性が高いことの裏返しとしてご理解頂ければと思います。
(↓)こちらもご参照ください。
ERGOSTARソックスの”正しい履き方”
「クロステーピング機能」とは?

Q:テーピングの強さはどのモデルも同じですか?

A:
いいえ、モデルによって異なります。ーピングの強さは大きく2つに分かれます。「商品ラインナップ」ページの分類で、素材に「ナイロン」と表示されているモデルはテーピングが最も強いタイプ、「紙糸」「ウール」「綿アクリル」と表示されているモデルはテーピングが適度な強さのタイプとなっております。
ナイロン製のモデルは繊維自体に伸縮性がある加工糸を使っているため、全体的に強めの着圧感・サポート感となっております。対して「紙糸・ウール・綿アクリル」は繊維自体に伸縮性がありませんので、ゴム糸を同時に編み込むことで伸縮性を出しております。ナイロンに比べるとライトな着圧感・サポート感となっておりますので、アフタースポーツの時間帯やオフの日にも着用しやすく、状況に合わせた履き分けが可能です。

Q:「紙糸ソックス」は紙だから破れやすいですか?

A:
いいえ、エルゴスターの紙糸ソックスは摩耗に強く、とても破れにくいです。紙糸は、紙を細長いスリットテープ状にカットして撚りをかけて糸にしたものです。それ単体では特に摩耗に強いというわけではありませんが、エルゴスターは独自に紙糸を加工し、他の繊維と組み合わせることによって強度をアップさせています。
(↓)こちらもご参照ください。
「紙の糸」で良い走りを

商品(ランニングマスク)について

Q:細菌やウイルスをどれぐらい防げますか?

A:
ウイルスや細菌、花粉などを遮断する機能はございません。医療品・医療機器といった専門的な商品ではなく、主に運動中の飛沫拡散低減や咳エチケットが着用の目的となります。

Q:飛沫を完全に防げますか?

A:
いいえ、飛沫を完全に防ぐことはできません。「飛沫拡散を低減」「咳エチケット」のためのマスクとしてご活用ください。

Q:運動中、ずっと着けていても大丈夫ですか?

A:
いいえ、必ずしもそうとは言えません。運動中は心拍数が上昇し、呼吸が大きくなります。一般的なマスクを着けた状態では大変息苦しくなりますが、「エルゴスター ランニングマスク」はそれを軽減するための特殊構造になっています。しかしながら、心肺機能や運動強度は個人差が大きく、人によって様々です。すべての方の、どんな運動・状況にも対応できるというわけではございません。マスクを着用して激しい運動を行なった場合、肺や心臓に大きな負担が掛かる可能性があります。慣れるまでは意識してペースダウンし、ご自身の体調等も考慮しながら使用してください。運動の継続が難しそうだと感じた場合は、無理をせず早めにマスクの使用を中止されることをお勧めします。また、熱中症予防の観点からも、屋外において十分なソーシャルディスタンスが確保できる場合はマスクを外すといった柔軟な対応をお願い致します。

Q:運動中以外でも使用できますか?

A:
はい、普段使いのマスクとしてもご使用いただけます。

Q:小さな子供でも着用できますか?

A:
現在販売しているサイズは「S/M/L」の3つで、基本的に大人用を想定しております。サイズが合えばお子様にも着用して頂けます。

Q:冷却効果(ひんやり、冷感)はありますか?

A:
いいえ、冷却効果はありません。「エルゴスター ランニングマスク」はオールシーズン用です。いわゆる「夏マスク」「冷感マスク」といった商品ではございませんのでご注意ください。

Q:耳掛け紐にところどころ糸が出ているようです。「ほつれ」ではありませんか?

A:
この糸端末は「ほつれ」ではございません。正常な品質で強度にも問題ございませんので、どうぞ安心してお使いください。見た目に気になることがあるかもしれませんが、この糸端末はカットしないでください。この糸端末は、ランニングマスクを機械で編む時にどうしても発生してしまうものです。必要最小限の長さを残してカットしておりますので、更に短くカットされますと、そこから「ほつれ」が発生する原因となります。

Q:サイズ選びで迷っています。自分に合うサイズをどのように選べばいいですか?

A:
現在販売しているサイズは「S/M/L」の3つです。一般的に、男性にはMサイズ(ふつう)またはLサイズ(大きめ)が、女性にはSサイズ(小さめ)またはMサイズ(ふつう)が適しています。サイズ選びの考としましては、男性ではMサイズ、女性ではSサイズを基本(多くの方に合う)とお考え頂き、大きめの着用感がお好みであれば一つ上のサイズをお選びください。ただし、どのサイズが適しているかにつきましては、お顔立ちの個人差や着用感のお好み(ピッタリとフィットしてほしい、余裕を持って着けたいなど)によっても異なってまいります。(例えば、男性でSサイズ(小さめ)を着用されている方もいらっしゃいます。)マスクの大きさ(幅×高さ)を商品説明欄に記載しておりますので、そちらもご参照ください。その際、ランニングマスクは全体にストレッチ性がある(耳掛け紐以外の部分にもストレッチ性がある)ことを考慮されるのがおすすめです。表示されているマスクの大きさ(幅×高さ)を基本に、伸ばして着用することができます。

Q:選んだサイズが少し大きかった(小さかった)ようです。サイズ調整の方法はありませんか?

A:
ランニングマスクにはサイズ調整(アジャスト)機能はございません。製品の機能性や品質を維持するためにも、基本的にはそのままの状態でお使い頂くことをお勧めいたします。参考までに、ここでは「裏技」的な方法をご紹介いたします。以下の方法を実行した結果、製品が破損したり、元のサイズに戻らないといった場合でも、当社は一切の責任を負いかねます。恐れ入りますが、お客様ご自身の責任と判断で実施して頂きますようお願い致します。

【サイズを大きくしたい場合】
生地を強めに引っ張って伸ばしてください。ランニングマスクはニット生地です。縦・横・斜めに伸ばすことができますが、一般的な使用条件下において掛かる程度の引っ張りに対しては、生地(糸)のストレッチ性が勝って元通りになります。しかし、このストレッチ性には限度があり、一定以上の引っ張りに対しては生地が元に戻り切らなくなります。この特性を利用して、大きくしたい部分の生地を強めに引っ張って頂ければ、その部分のサイズ感を大きくすることが可能です。ただし、この方法は生地に対して本来持っているストレッチ性の限度を超える力を加えることになりますので、少しずつ様子を見ながら行なってください。また、一度伸び切ってしまうと元に戻すことはできませんので、くれぐれもご注意ください。

【サイズを小さくしたい場合】
第一段階として、まずは洗濯機を使った洗濯をお試しください。ソフトな手洗いではなく、洗濯機で洗うことで多少ですが縮みが発生します。洗濯機での縮みよりも更に小さくしたい場合、マスクに「熱風」を当てて乾燥させる方法があります。具体的には「タンブラー乾燥機」を使う方法です。ご家庭にドラム式洗濯乾燥機がある場合はそれを、無い場合はコインランドリーなどに設置されているものが使用できます。ランニングマスクは柔らかいニット生地ですので、熱風を当てて急速に乾燥させ、それが冷えることで編み目が締まって生地が大きく縮みます。サイズ感で言うと、だいたいハーフサイズぐらい小さくすることができます。ただし、この方法はランニングマスクの生地に少なからずダメージを与えることになります。風合いが硬くなったり、毛羽立ちが発生しやすくなったり、目が詰まって通気性が落ちるといった可能性が考えられます。また、この方法で一度縮んだ生地は元に戻すことができません。従いまして、ランニングマスクの製造工程上でもタンブラー乾燥機は使用しておらず、パッケージにもタンブラー乾燥を避けて頂く旨の記載をしております。予めご了承の上、お客様ご自身の責任と判断で実施して頂きますようお願い致します。

Copyright © KITAI All Rights Reserved.

このページの先頭へ